秘書ブログ。

現役社長秘書の秘書ブログ。ささやかな日々を書き留めています。

秘書のおすすめお弁当箱@大館工芸社の曲げわっぱ弁当

皆さまこんにちは。

今日は、私が心からおすすめするお弁当箱、「曲げわっぱ弁当」
ご紹介させて頂きます。

ランチはお弁当派の方、誰かにお弁当を作ってあげたい方、必見ですよ~!

大館工芸社の曲げわっぱ弁当

皆さまも見たことがあるかもしれません。
どこか懐かしい雰囲気がただよう、木製の曲げわっぱ弁当

f:id:nicolii:20171021165114j:plain

開けてみると杉のよい香りがほのかに感じられます。
造りもしっかりしていて、手に取った時のしっくりとする感じは曲げわっぱならでは

f:id:nicolii:20171021165134j:plain

こちらの小判弁当は9,720円とお弁当箱にしてはお高め
でも、それには理由があって、理由を知ればぜんぜん高い買い物ではないのです。

その秘密は・・・

曲げわっぱ弁当のメリット

私自身、曲げわっぱ弁当はいくつか持っており、
中には10年以上愛用している曲げわっぱ弁当もあります。

そんな私が感じる曲げわっぱのメリットを挙げてみたいと思います。

f:id:nicolii:20171021165149j:plain

  • とにかく軽量(上の写真の小判弁当中サイズで約110g)
  • 食材の色移りやにおい移りがない
  • 壊れにくいので、長年使用することができる
  • お弁当が美味しそうにみえる
  • 単純な構造なので手入れがしやすい
  • お米がとにかく美味しい
  • 杉の木目が美しく長年使っても飽きないデザイン
  • 使い込むほど味が出てくる

 メリットはたくさんありますが、お弁当を食べるうえで私が大切だと思うのは
「お米が美味しいこと」「食べるのが楽しみなお弁当を作ること」

f:id:nicolii:20171021173934j:plain

大館工芸社の曲げわっぱ弁当は、天然木ならではの通気性と保温性が優れており
夏場はご飯が痛みにくく、冬場はご飯が冷めにくいと言われています。

そして何よりも、天然木が余分な水分を吸い取ってご飯のべたつき
防いでくれるのは大きなメリットです。

f:id:nicolii:20171021174413j:plain

曲げわっぱ弁当のデメリット

さて、曲げわっぱ弁当のデメリットは何かというと、
プラスチック製やステンレス製のお弁当箱と比較すると値段が高い点

ただ、何年も使えるので元はすぐとれると思いますよ~。

秘書のおすすめ曲げわっぱ弁当

私が持っている曲げわっぱは、「小判弁当(中)」と「はんごう弁当」。
どちらも使いやすいですが、こちらの小判弁当のを使うことの方が多いです。

実際お弁当として使ってみると、おかずはたっぷり入る
高さがあるのでどんぶり系のお弁当も綺麗に入るしいいことずくめ。

f:id:nicolii:20171020123718j:plain

これは焼肉弁当だったのですが、お肉とお漬物の下にはご飯がはいっています。
見栄えも良いうえにおなかもいっぱい!

そして、もうひとつのおすすめ曲げわっぱはこちら。

こちらの曲げわっぱ「はんごう弁当」は、
ごはんとおかずを上下で分けることが出来ます

下段の方が容量が大きいので、ごはんをたっぷり食べたい方は下段に入れましょう!

f:id:nicolii:20170831144241j:plain

実際に使ってみると、こんな感じになります。

おかずをよく見ると、大したものは全く入っていない、むしろ質素なおかずなのに
2段のお弁当箱というだけで、とても豪華に見えてしまうのです

これを持っていたら注目の的になりそうですね~。

曲げわっぱ弁当~まとめ~

曲げわっぱのメリット、デメリット、そしておすすめ曲げわっぱ
ご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

ずっとそばに置いておける、自分だけの曲げわっぱ
楽しいお弁当ライフを送ってみてくださいね。